健康保険税が高くなって来ています。

 

医療費が増加していて国も大変だとか・・

 

でも本当に大変なのは、病院にも行かないのに健康保険税を納めている人達でしょう。

 

なぜこんなに高い金を毎月請求されるのか?

 

それは何かあるとすぐに病院に行く輩(やから)がいるから。

 

この輩がちょこちょこ健康保険を使いまくっている。

 

国(国民の金)が負担してくれるので《自分は安く済む》ということで気楽に病院に行くのでしょう。

 

もしも健康保険が無くて全額実費であれば、むやみに病院に行けないはず。

 

そして、いろいろ工夫して、医者に掛からなくても済むように対策を練ります。

 

そうすれば、自己治癒力が活性化して健康な身体になれるのです。

 

 

でも、それだと製薬会社は面白くないのです。

 

 

【まとめ】

病院に行かない人たちも含めた全国民が収めた(健康保険税)

 

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

病院に行きまくる輩が使ってしまう。

 

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

その輩を薬漬けにして、潤う製薬会社。

 

 

このシステムが健康保険制度なのです。

 

 

すなわち、全国民から当たり前に製薬会社に金が回る仕組みが健康保険制度なのです。



【重要】知恵ノート終了のおしらせ

Yahoo!知恵袋で提供しております「知恵ノート」については、サービスを取り巻くさまざまな環境の変化に伴い、2017831日をもって終了する運びとなりました。

・・・という予告が来たためArchive.isに記録を残させて頂きました。

よろしくお願いします。