ファティマの予言とは?

ファティマ(ポルトガル)で1917年5月13日から始まり毎月13日に聖母が降臨し予言を言った

予言は3つ

  1. 第一次世界大戦の終結について
  2. 第二次世界大戦の勃発について

謎の第3の予言について

 内容の要約

  20世紀後半、神の大いなる試練が人類の上に下るでしょう。民衆は神の恩恵を足蹴にして各地で秩序が乱れ、国の最高部を悪魔が統治し、物事の成り行きにまで影響を与えています。このままでは教会の上層部にも悪魔は入りこんでいくでしょう


 第3の予言は一部しか公開されていない

  「銃弾を放ち矢を射る兵士の一団によって教皇様は殺されてしまわれ、

   同じようにそこで他の司教たち、司祭たち、男女の修道者たちと様々な

   立場や階級の信徒たちもころされてゆきました。」