掲載期限切れとなった回答文書の再掲載です。

 

塩素系漂白剤を使った殺菌や、殺菌用の希釈液(塩素入り)の

作り方などに関する内容が含まれています。

----------

塩素漂白できない色柄物や他の器具などの場合、
「加熱」による殺菌や不活化で対策もされます。

「 煮沸消毒 」のように高温の湯で殺菌などの場合、
花王のHPに出ている資料だと 95℃で2分以上です。
後から付け足したPDFのページ内に出てきます。

まあ、色物衣類を煮沸すれば、色落ちなどは少しあります。

表面は、十分な直射日光乾燥などでもいいはずだし、
ある程度は高温な乾燥機に長めの時間いれたり、
アイロン当てても、高温はかなり得られます。

普通に清潔な生活習慣してれば、それなりの対策だったわけで。

http://www.kao.co.jp/pro/hospital/pdf/07/07_02.pdf

もっと低温で長時間にする方法もあって(牛乳の殺菌同様)、
パスツール法だと、60℃で10時間です。
(食品や生に近いものの昔からある菌の不活化)
(日本酒なども出荷前に火入れして発酵を止める)
これは、生物の授業でも習う人も多いかと。

http://www.clubhaemophilia.jp/what/medicine_seisei.html

医療現場や研究施設などは、
オートクレーブ(高温高圧の蒸気滅菌の機械)が使われます。

----------
まず、家庭用の漂白剤で殺菌をしたいのでしたら、
「塩素系漂白剤」を使う必要があります。

色柄物用は、酸素系だから使えないです。

花王のHPにも説明が出ています。
(塩素系と、他の成分の漂白剤の違い)

http://www.kao.com/jp/qa_cate/clothbleach_02_01.html

色柄物に使える酸素系(ワイドハイター)はダメという
ことになってきます。

白物用の「 塩素系 」(ハイター、キッチンハイター等)を
使ってください。

ボトル裏面などの細かい表示で、
「 次亜塩素酸ナトリウム 」などの、塩素薬品が入っているものです。

学校のプールの消毒や水道水の塩素殺菌にも使われます。

次に、必要な塩素濃度の説明が出ているHPを付けておきます。

他のウィルス対策の例も引用していますが、
必要な濃度(1000ppm)は同じなので、同じ作り方でできます。

http://takamidai-clinic.com/?p=1583

http://www.vhfj.or.jp/06.qanda/about_ctype.html

> 塩素系消毒剤: 次亜塩素系の消毒剤使用時の
> 有効塩素濃度1,000ppmの液に1時間以上浸漬する。
> 有効塩素濃度1,000ppmの消毒液をつくる時は、
> 5~6%の次亜塩酸ナトリウム溶液(原液)を50~60倍に希釈する

薬局(調剤薬局併設のドラッグストア等でも)で、
薬剤師さんに質問すれば、塩素成分の薬品についても聞けます。
塩素濃度の計算も、成分の重量や比率から出せるので、
希釈方法や分量など、計算してもらえばチェックできます。

塩素が薄くて食中毒事故など、あったりしますから。

高校で化学が得意だった学生さんに計算してもらっても、
算出できるような部分です。(テストに出そうと思えば出せる)

街なかや近所の小さい病院などだったら、消毒薬作りは、
現場の人に直接教わったほうが、よくわかるかもしれません。
見せてもらって、その通りにやればいいので。

多量に頻繁に使うなら、業務用の製品などを、
どっかで探すほうが楽かもしれませんが。

災害時などで感染防御が広く必要な場合は、
自分たちでもやれば、安全確保にもなります。

肝炎ウィルス対策としては、塩素殺菌が必ず必要でもなくて、
洗剤で洗って水道水などで洗い流すことでもできますけどね。
器具や手指をキレイにするだけなら、頻繁な洗浄も効果あるし。
表面の菌を流すだけなら、これでできます。

衣服などは繊維の中もあるから、時間かけて塩素漬けなども
考えるというわけですが。