家庭用ロックミシンの購入で悩んでる人への知恵ノート

ミシン大好きおばちゃんの解説です(笑)

もちろん個人的主観によるものなので使用機種によっての当たり外れはあると思います。

参考程度にどうぞ



家庭用ミシンの次にほしくなるロックミシン。

沢山の種類があって悩むところですが

ミシンと同じく「自分に必要な物」を買いましょう


ロックミシンとはおおざっぱに言えば「縫い代始末用」ミシンです。

家庭用ミシンの「縁かがり」とは仕上がりもスピードも歴然とした差があります。



家庭用ロックは1本針~2本針 2本糸~5本糸 と種類さまざま。


「縫い代かがり」だけなら一番安い「1本針2本糸」これがロックの基本。

布端がほつれない。

そこに色んな機能がプラスして性能と値段があがっていきます。

 

確かに「良いものは裏切らない」のですが、買い物には予算というものがあるので(笑)

何を追加するか悩みましょう。


・Tシャツとかニット布を縫うなら便利な「1本針3本糸作動付き」

びょ~んとなっちゃいそうなニットも「作動」のおかげで縫いやすくなります。


・巻きロック機能 ハンカチやスカーフなどの細い縁取りです。

ニットなどのフリル端のくるくるしたものもこの機能で縫えます。

オーガンジーのフリルのくるくるも。


・カバーステッチ Tシャツの裾などでみかける「表は2本または3本のステッチ、裏はロックみたいなの」これが縫えます。

単体のカバーステッチのみ機能のと普通のロック機能と切り替えが付いた複合機があります。


・ウェーブロック 特殊な飾りロックが出来ます。これはこの縫い方が不要な人には意味なし機能です。縫ってる時は面白いですけど(笑)


・エアスルー 糸通しがとっても簡単に出来るもの。あれば便利。

ただ機能アリとナシの価格差を思えば微妙かも。



ちなみに私のロックミシンとの付き合いは

家庭用1本針2本糸に始まり、1本針3本糸(作動付き)を経て

今はカバステ複合機&工業用オーバーロック作動付き2本針4本糸←これメイン



「ロック買おうと悩んでるんだけど」と知人に相談された時は

「とりあえず出来れば1本針3本糸作動付き、巻きロックもできる物」

「ニットメインなら「2本針4本糸作動付き」

その中で予算が許す一番いいもの!


なぜなら使いだしてなれてくると もうちょい違ったものを縫いたくなることがあるから。壊れないと買い換えは勇気がいります。

買うときの値段の差で悩んでもその数年後の葛藤を思えば(笑)

ですよねぇ…ミシン屋の回し物ではないですが。


何にしろ、使わなければただの箱。

買ったら使おう! 


ちなみにミシンはある程度使ってる方が調子よいそうです。