さて、ブログを乱立させて、

自分が向かっているのかわからなくなった森です。

 

今、ゴルフの真実という本を書いているのですが、ゴルフの真実を知ろうとする余り、正直、過去の書籍から、情報、プロの意見やらと聞いていたら、あらよっという間に、もう半年が経過してしまい、そろそろアウトプットをしていかないとだめだよねってことで、なんやらかんやら、ブログをこそっと立ち上げたものの、結局、ここに戻ってきたという有様。

 

もちろんどこで書いているかは伝えませんが。取り急ぎアウトプットシーズンが到来しましたので、これからガンガン書いていこうかと思います。

 

ちなみに、最近の研究報告でもしておきますね。

最近では、時計で心拍数が測定できるので、試しにラウンド中の自分の心拍数とナイスショットの関係を調べようと。

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS 心拍計内蔵 ForeAthlete225J 147216

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS 心拍計内蔵 ForeAthlete225J 147216

  • 出版社/メーカー: GARMIN(ガーミン)
  • 発売日: 2015/08/24
  • メディア: スポーツ用品
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 上記商品を利用して、測定したところ。

f:id:mgolfer:20160406092431p:plain

朝一のスリーパットで、いきなり心拍数が激増。ちなみにこのゴルフは、負けられない戦いってやつです。スコア自体は、そんなに悪くなく、34、36の70回でしたが、面白いことに、だいたいトラブってる時の心拍数は150以上、ナイスショットの時は、135前後ということも判明。これは自分のケースではありますが。

そして、面白い部分では、110前後のいわゆる楽な状態だと、びっくりすることに緩んで引っ掛けたり、ミスショットすることが多いということが判明。

もちろん研究の余地はもっとありますので、試合の時とかの状態を次はモニタリングしてみようかなと思ってます。

 

で、その本は何を書いているかというと、いろんなプロやいろんな本などの情報と実際に実践してみての本当のこと、それから、ゴルフ業界の話と、今後の業界が進化するところの話、ゴルフの物理学やら、ゴルフのスピン学やら、まぁいろいろと考えて書いているわけですが、書けば書くほど矛盾が生じているのも事実です。

 

先日も、とあるゴルフ場のクラブチャンピオンを取られた方にお話を聞きながらゴルフをしましたが、正直なところ、本人も言っておりましたが、クラチャンとか取る必要をあまり感じなかったし、実際に私下手なんでという人もいれば。

最近80台前半でラウンドする人と話をしながらゴルフをすると、私は上手なんで握りますか?的な(もちろん、握りませんでしたが)、えーっと。その人には厳しい現実を見せることができたのですが、スコアをまとめることが上手な人というだけで、しかも、一般営業のレギュラーティーで。それは上手だとはいいませんねー。と厳しくプロに指摘されてました。

そもそも上手とはなんなのか?ってな話も独自の展開で書いています。

 

ゴルフでは、道具好き、オシャレ好き、スイング理論好き、スコア好き、ルール好き、と、ものすごくいろんな種類の人がおりますので、その辺も引用させて頂きながら、いろいろと報告していくつもりです。

 

最近、もっとも面白かったのは。

PGAの選手のスイングについて、批判していたゴルフ歴20年目のアマチュアおじさん。(平均スコアは80切るくらいだそうです)

あの選手は下手だね!?的な。

多分、冗談だとは思うのですが(笑)

ダウンスイングが気に食わないそうです(笑)

貴殿はアホですか?(本人には言いましたので悪しからず)

スイング理論については、マスタークラスとのことでしたので(笑)

自分ができないのは、練習しないせいだそうです(笑)

よほど上手なんですねー。じゃぁ今度教えてください!と言ったら。

「喜んで」と言われました。ですので、今度教わってきます!!!!!

バカにしているわけでもないのですが、そのレベルの人々に対してのその堂々とした根拠のない言葉が、噂となって、世間に出回るのかなと思いました。

 

まぁそんな話も含めて、自分も始めた頃知ったかのような口ぶりで恥ずかしながら思っていたことや、言っていたことのアルアルネタもまとめてます。

 

ゴルグル®をオープンして、わかったことは、なるほど、ゴルフ界は間違った情報や噂で蔓延中。でも、それもゴルフの一つの楽しみだということでした。それを諭すことはせず、本当かどうかだけは知っていきたいところなのかなと思ってます。

 

ではでは。