2017.1.17 16:14
【シンガポール=吉村英輝】2014年3月に消息を絶った北京行きマレーシア航空機(乗客乗員239人)について、オーストラリア、中国、マレーシアの3カ国の
運輸担当相は17日、捜索中止を発表した。オーストラリア西部沖のインド洋で実施していた約12万平方キロの海底探索が同日終了したが、発見に至らなかった。

 3カ国は昨年7月、衛星データ分析などから墜落したと推定した同エリアの捜索で手がかりが得られなければ、
捜索を打ち切る方針を確認。乗客や乗員の家族は反発したが、捜索を主導するオーストラリアなどが追加負担に難色を示した。

 不明機をめぐっては、モザンビークなどの海浜に、残骸が打ち上げられて見つかっている。機長のフライトシュミレーター(模擬飛行装置)
分析などから、機長が計画的に乗客を道連れに自殺を図ったとの見方もあるが、不明の原因も不明のままだ。
http://www.sankei.com/world/news/170117/wor1701170029-n1.html?view=pc

コメント一覧
7不思議。
1,000年後に発見されるかも。
米軍は知っているから、50年後にはわかるだろ
マレーシア航空機って前にも消えなかったか?
今の時代でも
こんなことってあるんだなぁ
他の惑星に連れていかれたかも
地球サイズそれ以上のUFOもあるし
飛行機まるごと

あのとき急上昇してるし
宇宙船の下部に吸い込まれていったんだ
>>5
それは撃墜された奴じゃないか? しっかしオランダはよくキレなかったよなあれ
>>4だったわw
Googleさんに映ってなかったかな
建物が立派なNTSBはよ